Full of Love


好きなものにはとことん。

キラキラしてる人・モノ・場所から潤いと癒しをもらう毎日。

でも、きっと、ずっと、相葉雅紀が好き。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
相葉雅紀主演舞台「君と見る千の夢」(5月16日)


君と見る千の夢





本日もグローブ座行ってまいりました。


マチネ終わりのさーこサン(@相葉)とちょー久しぶりの再会。
なんとドリアラ@大阪以来らしく。
でもあんまり久々って感じもなく、ソワレの時間まで
ひたすらおしゃべり。楽しかったわー。

で、結構ギリギリに私はグローブ座へ。
今回は1人観劇でして。終わって、はぁー今日もいい夢見れそうだわーと
思いながら帰ろうとしたら、後ろから呼びとめられて振り向いたら
まぢゃチャン(@相葉)じゃないかーー!
思わず騒いじゃったよね。これまたひっさしぶりの再会なんだもーーん。
確か5×10@福岡ぶりだったような・・・あれ違うかしら?
駅までの道のり、うわーーーーーっと一気にしゃべって(笑)
2人で「良かったねぇ」「うっかりイケメンだったよねぇ」とか話しながら(笑)

もう、これだから相葉舞台は楽しい。
特にグローブ座ってバッタリ会うことが多いんだよねぇ。
コリン@青劇のときはあんまそーいうことなかったんだけど・・・。
仲良しのアイバカさんがみーんなここに集まるから、偶然会うことも多いし。
私も周りもだんだん足が遠のいているのがまぁ現状だけど、
それでも、ポロポロとアイバカさんに会えるこの「相葉舞台月間」が
楽しくってしゃーないなぁ。いいなーやっぱり。


あと観劇中にふと、「この幼馴染・大ちゃんってどっかで見たことあるなぁ・・・」って
思ったことがあって。あれこれ考えてて思い出した!
グリーンフィンガーズに出てた人だーと。ヒルツ役の人。
さらに帰るとき、ロビーでこれまた見たことある人を発見。
んー・・・違うかもしれないんだけど、燕で共演した方じゃないかなぁって。
その人が関係者席にいたのは見かけたんだけど・・・違うかなぁ。
でももしそうだったらすごい嬉しいんだけどなぁ。雅紀の舞台いつも観に来てくれてるし。
ま、元々宮田さんと交流ある方だから今でも雅紀と仲良くしてるかは不明だけどねぇ。

で、色々懐かしくなって、過去のパンフを引っ張り出してみました。



私の宝物。

そしたらさー。大ちゃん役の人、色々調べたら忘れられない人も出演作に入ってて。
何役で出てたーー?って気になって調べたら、アンダースタディで
カンパニーに参加していた方でした。当時私ブログとか見てたわぁ・・・・・。
しかもこの方、HSM(主演・小山)にも出てた・・・・結構繋がってるのねぇ。
相島サンも燕でご一緒だったし、スタッフもきっと変わらない人は変わらないだろうし、
この間もグリーンフィンガーズのメンバーが観に来ていたようだし、
なんかそういうのってすごい嬉しいよね。
違う演出家での相葉雅紀を見たいと思いつつも、同じ演出家だからこそ
こういうことがあるわけで。うん、なんかすごく嬉しい気持ちになりました。


そんな感じで、今回も感想は続きに書きます。
(なのでコメント返信はまた後日で。ごめんなさいー)
ネタバレ回避の人は今のうちですよーーーー!


JUGEMテーマ:










・今日は物語を理解していたのですんなり入れたんですが。
逆に色々湧き出る疑問(デタデタ)
・既に幽体離脱をしている春也くん。病室に寝ている自分を見降ろしているとき
(ちなみに寝ている人はダミー。相葉君はセットの2階にいます)
真っ白な服のみっちゃんがお見舞いに来るの。
「大丈夫?」って。で、この間分かったことだけどこのとき既にみっちゃんは
亡くなっていて。なのになんで幽体離脱している春也くんに気付かなかったんだろう?
後に、2人はもう一度再会して最後のお別れをしているのに・・・。
幽体離脱からみっちゃんのとこにいくまで、いくつか段階があるんだろうか?生死の。
・やっぱり最初はどーも冷静に春也君を見てしまうんだよねぇ。
というか雅紀の演技がやっぱり・・・(ごにょごにょ)
・しかも雅紀、最初の5・6分ですんげー汗で。もう鎖骨のとこまでびっしょり!
相変わらずの滝汗だねぇと思ってしまった(笑)
・そうそう、病院のベットに春也君の名前が書いてあったんだけど。
春也君は28歳でした。なるほど。
・みっちゃんと初めて会うシーン。ちなみに2人が知り合ったのは半年前。
みっちゃんがあれこれ自分の名刺を渡すんだけど。
ちゃんとね、名刺にみっちゃんの名前書いてあった(←双眼鏡で見た人)
・相変わらず太鼓の練習してるとこがちょーーーーイ・ケ・メ・ン!
足をガッ!と開いて、首を傾かせながら叩くんだけど死ぬほどイケメンなんだよぅ。
このときもハダシで、他でもハダシのことが多いんだけど、
雅紀の親指ってちょー大きかった(どこ見てるの)
・そうそう!春也君って、下唇触るのクセ?劇中何度か触っているときがあって。
もちろん雅紀のクセではないし・・・。たまに、口周りの汗をぬぐうときもあるんだけど(笑)、
それとはまた別に下唇触るときが何度かあるんだよねぇ。あれどういう意味なんだろう。
・今回も見事な飛び蹴りを披露していた春也君ですが。
大ちゃんへの回し蹴りは今回はなくって、腕でぶんっ!って吹っ飛ばしてました(笑)
・とにかく私、幼馴染の竜ちゃんがツボでツボで。あの人ちょー面白い(笑)
アドリブ?何パターンかあるだけかな?のシーンでは今日は
「桃太郎がドンブラコって流れてきたとき、実は200kgだったらしいよ。
ばあちゃんすごくね?ばあちゃんが鬼退治行けば良かったんじゃね?」
みたいな話をしててそれがちょーツボで(笑)あーいう人がいると、いいよねぇ。
・みっちゃんが春也家に遊びにきた2回目。
春也君が作業しているところを楽しそうにみっちゃんが見てるんだけど、
あれこれ発見したことをメモに書きとめてて。
春也君に笑われるんだけど。その雰囲気がまーステキで。
しかも私の大好きな相葉座りなのだ、そのとき。
足ちょっと広げ気味にしゃがむ、相葉座り。
かつてJr時代、大倉君が「カッコイイ・・・」と憧れ、
ひっそりとマネをしていたという相葉座り(爆笑)
・みっちゃんがやっている、ホームレス支援団体?の手伝いをする春也君。
みっちゃんがホームレスの人たちに配る紙袋を並べて、
春也君がペットボトルを並べるんだけど、それを競争して並べるの、20個。
これがまったカワイイんだけどさー。15日に見たときは最後に2人同時に
20個目を並び終えてたんだけど、今回みっちゃんが若干手間取っている間に
ものすごいスピードで春也君がボンボンペットボトル置いてって。
春也君が勝ってました(笑)で、結構リアルな感じでみっちゃんが
「負けた・・・・」って言ってるのが妙におっかしくて。
こういうアドリブっぽい感じってやっぱりいいなぁ。こういうのがあると
何度でも観たいって思っちゃうんだよねぇ。
・しかし上原美佐ちゃん、舞台初だったようで。でもやっぱり有名な女優さんだし
演技上手なんだよねぇ。かっわいいし。
・「なんで支援団体の手伝いしてるの?」ってリスに乗りながらみっちゃんに聞く春也くん。
前回よりも、中央寄りの席だったから、表情がしっかり見えたんだけど、
なんなんだろう、あのイケメンは。あの瞳のキラキラっぷりは(笑)
みっちゃんがあれこれうわーっと喋ってる間の表情とかちょー優しくてさぁ。
あんな顔で見つめられたら惚れるなこりゃってぐらい(笑)
・春也くんはなんで東京から実家に戻ってきたのか聞かれて。
ピアノのことを言いたくなくてみっちゃんにあれこれ嘘をつく春也君。
おもちゃ売ってただの、ゴーストライターだっただの。
そのとき、手すりに寄りかかってる春也君がちょーモデルさんなの。あの格好ずるいーーー。
さらに、リスの尻尾にのの字書きながら「実は俺さぁ・・・ムショに・・・」とか
とんでもないウソをつきだす春也君(笑)こんときちょーかわいい。
結局そのときはみっちゃんに「もういい!どこで何しててもいい!」って言われちゃうんだけど。
もうそれ以上話さなくてもいいって。
・また話は進んで別の公園でのシーンで。春也君のゲタ屋さんは田舎の商店街にあって、
町の人ともみーんな仲良しで。みっちゃんはそれがおっきい家族みたいですごく羨ましいと。
春也君がお母さんのこと聞いても、まだとても考えられないって言うみっちゃん。
そのときに言うのです。




「俺がそばにいるよ」










o(__)o〜†パタッ 












今回双眼鏡でがっつり表情見てしまったもんだから、
キュン死するかと思った・・・・・・・・・・・・。
そんなカッコイイセリフ、なんでそんなカッコ良く言えちゃうの!
いつの間にそんなこと言えるようになったの君は!(笑)
・で、このときだったっけ?2人で一緒にあれしたいこれ買いたいって夢を言い合うのは。
あれしたいこれしたいってウッキウキ喋るみっちゃんに、
「いいよ〜!これもしよう、あれもしよう」って言う春也君がちょー男前でさぁ。
この会話がホンットに自然でかわいいんだよね。すごい好き、ここ。
・でも一番好きなのはやっぱりお父さんとケンカするシーンかなぁ。
田山さんの迫力がすごいっていうのも大きいんだけど。雅紀も迫力は負けてないっていうか。
いつの間にそんな演技上手になったの?って思うぐらいに感動する。
なんかホント、親と言い争いしたらこういう感じなんだろうなぁって。
不自然さが全然ないというか。ま、贔屓目も入ってるんだろうけども。
こういうとき自分のボキャブラリーのなさがイヤになるけどホンットにいいの、このシーン。
どうにかしてその良さを伝えたいんだけど難しい(笑)
これまでの舞台トータルして、1番2番ってぐらいに好きなシーンかもなぁ。
えっとね、アダムが病院抜け出してキャロラインに会いに行ったシーンと
どっちかが1番でどっちかが2番って感じ(笑)それぐらい好き。
・そのあとの公園のシーン。あ〜〜あって寝転がる春也くん。
しっかりお腹のチラリズム、今日は2階席だったってこともあってバッチリ見ました。
おへそまで見えちゃってるよーって。んで、その状態でさぁ。
ものすごいフラットな感じで、


「一緒に暮らそ?」


って言うわけですよ!ねぇ!もう何それ!
ホンットに自然なの!しかも落ち着いた感じで言うんだけど妙にそれがセクシーなの!
顔がちょー「男」って感じなの!ねぇねぇねぇ!
やればできるじゃないかぁーーーーーーーーー!(笑)
もうそっからは私のきゅんきゅんスイッチ完全オン(笑)
・で、そのあと自分のコンクールのことを話して。
なんだろう、あのときの話し方。ちょっと朦朧としているというか、若干壊れているというか。
自嘲気味に笑う雅紀の演技って苦手なんだよねぇ、私・・・・・・・・(苦笑)
・んで、みっちゃんにぎゅってされて。
で、ガッと立ちあがってぐわしっ!とみっちゃんを抱きしめるんだけど。
最初はね、腕だけでがっと抱きしめるんだけど、そのあとにがっっ!と肩甲骨掴むんですよ。





何その


二段階!
(笑)





肩甲骨、掴まれてぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!(笑)
で、で、で!今日こそ顔が見れる!と思ってもう双眼鏡でガン見してたんですが。
離れたあとね、頬を両手で包み込んでると思いきや
どちらかというと手のひらは髪の毛+首の部分。
親指が耳たぶの下あたり?もうなんなのそのイケメンばりのキスシーンは!って話じゃんか。
で、すーーっと近づいていって、だいぶ近いとこで寸止め。で、ふるふるふると首を振って
パッとみっちゃんのこと離しちゃうんだけど。






キスせんかーい!


#ノ`д´)ノ 彡┻━┻






そんな気分じゃないってことなんかな?
だってどー考えても初ちゅーを踏みとどまったわけではないよね?
「朝起きたらみっちゃんの顔が横にないと、あれ?なんでいないんだろうって思う」とか
言ってるぐらいだし。もぉ〜。頼むで〜(笑)
でもまぁ。キス直前の顔が見れただけでも進歩だよね。うんうん。
やっぱりそのあとシリアスな場面になってもしばらくニヤニヤしちゃったもん(・・・)
・2人で東京に向かうとき。
待ち合わせのときも「ごめん。待った?」「ううん、今来たとこ」なわけ(ベタ〜♪)
で、「どうする?飲み物とか・・・コンビニ寄ってく?」「うん、そうだね」みたいな会話するわけ。
なんか・・・・・・いいよねぇぇぇぇぇ(デレデレ)自然な会話ほどデレデレしちゃう。
・で、車内でのケンカシーン。
春也君、すっごい眉間にしわ寄せてイライラしてて。
雅紀もリアルに彼女とケンカするときはこんな風になるのかなぁ?とぼんやり考えてみたり。
そもそも言い合いなんてするのかしらん?
・そのあとは現実の世界にずっと戻るんだけど。
それまでずっとただ事実を飲み込んで何も言わなかったお父さんが、
泣き叫んで春也君に話しかけたり、妹が何度も「お兄ちゃん頑張って」って祈っていたり。
そっちでもう号泣だよね。ホンット、共演者の方たちの演技でどんだけ泣かされたか。
お父さんが「ホントはお前がうちを継ぎたいって言って嬉しかったんだ」とか、
「お前は俺の唯一の息子なんだぞ!」とか言うともうね、ダメだよね。
・妹の花ちゃんもすっごいかわいくって。めちゃくちゃお兄ちゃんのこと好きみたいで。
好きだし、尊敬しているし。花ちゃんにも何度も泣かされました。
やーホント、共演者が素晴らしい方ばかりでやられまくったわぁ。
・そのときに、春也君は既に亡くなっているみっちゃんと再会して。
みっちゃんが、「あのとき向こうからくる車に母がいたの」って話しだして。
幻かもしれないけど確かに新しい家族と一緒にいるお母さんがいたと。
それに気を取られているうちに、事故を起こしたと。
(だってみっちゃん思いっきり後ろ向いたまま走ってたもん・・・)
そのときに、「本当は母に会いたかったの。寂しかったの。
捨てられたって思いたくなくて、必死で夢を追いかけてたの」
って叫ぶように話すんだけど。うんと、それはまぁ分かるんだけど
それ、ここで言うタイミング?とちょっと思ったり。
なんていうか、ラストに向かっていて物語が佳境になっているときに
告白する話としては、なんだか中身がないなぁと思ったりして。
・そんなみっちゃんと、生死の境界線みたいなとこで再会する春也くん。
「みっちゃん1人では行かせられないよ」って言うんだけど、みっちゃんに
ちゃんと夢を叶えてって言われて。
「みっちゃんがいないと意味ないよ」って言うと「じゃぁ私のために叶えて」と。
春也君がね、「分かった。じゃぁ他に僕は君のために何ができる?」って言うの、泣きながら。
なんかそれがすっごい切なかったなぁ。
・でも春也君は、リハビリ頑張ってちゃんと夢をかなえると。
店も立て直して、商店街も活性化させて、それが市議会とかに認められて
もしかしたら政治家になっちゃうかも?なんて話してて。
で、みっちゃんに、「すっごい想像力(笑)」って笑われたりして。
ちょこっとだけ、お別れ前に2人の会話が明るくなるんだけど。
あと春也君、「それがダメでも俺にはピアノがある!」って言ってたから、
ピアノへのトラウマも消えたんでしょうなぁ。
思い出の箱(自分がこれまで関わったものを入れる宝箱)に、
ピアノの楽譜入れるって言ってたし。あとみっちゃんのメモ帳も。
・普通に考えて、出会って半年、付き合って数ヶ月?で、この別れって
尋常じゃないぐらいに悲しいよね。そんなの自分に置き換えようもんなら、
涙止まらん止まらん。
・ちょこっと会話が明るくなった分、本当にお別れのときがきたときはものすごい切なくて。
だって「じゃぁまた」って。初めて会ったときも「じゃぁ」「また」って別れるんだけど
同じセリフだけどそのときとは全然違うわけで。切ないよね。ホント切ない。



基本的に印象に残ってるシーンは、回想シーンのほうで。
春也家だったり、公園だったり。
だからそこだけ切り取るとホント普通のドラマみたいになるんだけど(笑)
その合間合間に、現実の病院のシーンがあるから、そっちはあんまり細かく覚えていないのよねぇ。
そのシーンのとき、基本的に雅紀は出てないから
(たまに2階にいて、どーんって落ち込んだり頭痛がったりしてるけど)
今回はいつもより出番は少ないのかなぁ?どうだろ?
病院のシーンでは、先生や看護師長、幼馴染が話したりしてて、
普通にそこは純粋な気持ちで舞台観劇できるんだけどね。
やっぱりみなさん演技が素晴らしいし、共演者の方たちのおかげで、
クオリティ高いものになっているんだろうなぁ。
見ていて退屈するシーンなんてもちろんないし、登場人物それぞれのキャラクターが
クッキリ浮き出ていて見やすい。ある意味春也君が一番キャラクターとしてはぼんやりしてるのかな。
ホント普通の男の子だから。もしかしたら、アダムとかコリンみたいに何かを背負ってるほうが
演じやすいのかもしれないけど、春也君はホンットに普通。
なんか、竜ちゃんみたいにあっかる〜いわけでもないし大ちゃんみたいに真面目で
ちょっと気が弱いって感じでもないし。だから最初は見ていて、
春也君って明るい性格なのか何なのか良く分からなかったんだよね。
でもそこをみっちゃんがセリフで説明しているところがあって、あーなるほど、と。
うんと、あんまり覚えてないんだけど。春也君のピアノを花ちゃんに聞かせてもらったときに
「あー春也ってこういう人なのかーって思った」って言ってて。
優しいとか、たまにみんなとワイワイ騒ぐとか、でも芯は強くてとかなんとか(あー忘れた・・・)
だから今回ホントに疑問点が少ないんだよね、この舞台。
まぁ逆を返せば単純でベタなストーリーなんだけど。
でもそういうのも新鮮で、楽しい。

雅紀が演じてきたこれまでの役って、色々あったけど、
共通するところはたぶん「ピュア」なんだよね。
で、それって雅紀が演じるからこその部分もあって。
他の人が演じたら、「ピュア」にはならなかったかもしれない役も
雅紀が演じるとピュアで真っ直ぐになる。
だから、感情的になるシーンで演技がイマイチだなぁって思うことがあっても、
演じているのが相葉雅紀だからこそ、心に響くものがある気がする。
そういう力を、彼は持っているのかなって今日、思いました。
悩んだり葛藤したりパニクったり怒ったり。
そういうときにより、ピュアさが出るのかなぁって。
特に今回は、「相葉君で」って言われて金子さんが書き下ろしたという素晴らしい脚本だから、
やっぱりセリフの1つ1つが優しいんだよね。優しくてあったかい。
なんかそういうところを改めて感じた、今回の観劇でした。

今回のカーテンコールはソワレってこともあって、昨日よりは穏やかな表情してたかも。
でもカテコのときに、うちわ持ってる人がいてゲンナリ。
舞台はコンサートと違いますよーって。

ま、そんな感じで今回もスッキリした気分でグローブ座を後にしました。
残り一週間、ケガのないようガンバレー!
| 舞台 | 00:09 | comments(8) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:09 | - | - |

この記事に対するコメント

はじめまして。
熱い想い読みました。燕の共演の方は親友なので関係者席で見たのは間違いないでしょう。その方のブログにも書いてありましたヨ。とても進化していてすごいって。
mory | 2010/05/19 5:28 PM
こんにちわ!
舞台レポ読ませて頂きました〜!
生で体感出来ない分
さくらさんの文章で、めっちゃ想像で楽しませてもらいました☆
何かの雑誌で相葉くんのキスシーンのカットがUPされてましたがまさかの未遂なんですね!カナーリ顔近づいてましたけど、あそこから止められるもんなんですね(笑)
さっきまで、当日券の電話粘ってましたが
ぴあに直接電話が繋がったのはたった一回…
もちろん話中で整理券は取れずです。
ダメ元ながら、この為に連休取っちゃったので初めての、ジャニーズショップなるものに潜入してみたいと思います。。
この年になってドキドキです(私は、さくらさんより1、2コ年上やと思う…)
勝手にですが、気合い入れて行ってきます!!
さや | 2010/05/19 2:21 PM
こんにちは!土日全く同じ時に私も見てました。舞台は初めてだったので自分が超ハイになってて、ほとんど泣いてて(お腹やパンツやらうなじやら鼻水やら変態目線でしっかりみましたけど)おもいだせないとこもあったんですが、レポ読ませてもらってひとつひとつ思い出してまたキュンとしてしまいました。
もも | 2010/05/18 7:04 PM
はじめまして!
いつも楽しく拝見させていただいております。

ツボだったり、えーっという部分が似ていたりして、
私自身も好きだから何でも◎と感じるタイプではないので、
さくらさんのブログにはまっています☆

そして・・今回舞台のコメントはテンション上がりすぎました!!
パソコンの前でニヤニヤする自分がキモチワルイくらいです。。。

昼も見て夜も見て・・ニヤニヤ・・

チケットが取れずにいて、当日券狙いも私にとっては明日がラストチャンスです★
きっともう見に行けないんだろうなぁと覚悟はしていて、
でも妄想でマチソワができて感謝!感謝!!です♪

これからも楽しみにしています。
akko | 2010/05/18 1:18 AM
またまた詳しいレポありがとうございます。春也くんに会えなかったのは本当に残念でしたが、さくらさんのレポで私も観劇した気分になりました。相葉くんのピュアさが見る人の心に響くんでしょうね。確かにキスシーンみたいですね。でも私は耐えられるかな!
なお | 2010/05/17 8:48 PM
こんあいば、土曜日はありがとうございました!
久々に師匠とお話出来て楽しかったです(^_^)
日曜も舞台を楽しまれたみたいですね!腹チラとか、ハグとか、ちゅー未遂とか(笑)
幼馴染の竜ちゃんは私も面白くて好きです、あの人(笑)

しかし…カテコでうちわを持ってる人が居たとは…
J-netなんかに舞台にはうちわやペンライトなどの
コンサートグッズの持ち込みは禁止って書いてあるのに…(-"-;)
そうやってマナーを守らない人を見ると、ゲンナリしますよね(-_-)
aya | 2010/05/17 5:03 PM
はじめまして、こんにちは!
以前からこのブログを拝見させていただいております(^ω^)高校3年生(♀)です。

わたしも嵐そして相葉君が好きです。
わたしも相葉君の舞台、観に行きたかったのですが…受験生なので自粛しました(;o;)

さくらさんとは、どうもツボが似てるらしく(笑)、嵐さんの番組の感想とか、さくらさんと同じリアクションをしていたりします(笑)

あまり周りにいる嵐ファンが少ないので、勝手ながら共感しています(笑)

今回の舞台のレポもすごく詳しくまで書いてくださってありがとうございます!
わたしも凄く凄く行きたくなりました。
わたし的にも、今の相葉君の髪型、超ツボです!!!(笑)

今後も楽しく拝見させていただきたいと思っています(・ω・′)
てんとうむし | 2010/05/17 4:14 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/05/17 1:15 AM
コメントする









INFOMATION
初めましての方は
必ずお読みください。